ひぐらしのなく頃に業考察ブログ

2020年放送開始した、ひぐらしのなく頃に を考察

ひぐらしのなく頃に業 綿騙し編3

ひぐらしのなく頃に業 綿騙し編3ストーリー概要

 

6/19

祭具殿に忍び込み、三四はノートを取り出し、雛見沢の昔話をし始める。

昔から「鬼ヶ淵沼」があり、そこから鬼が出てきていた。その鬼は人食い鬼・・・

雛見沢の神様、オヤシロ様は鬼を抑え、ヒトと一緒に生活出来るようにはしたが・・・人食いの本能だけはどうしようもなかった。

以前までは鬼の人食いの後処理のために綿流しを行っていた。

ワタ=ハラワタ オヤシロ様が食事のためのヒトを決めていた。

(なーんていう作り話なんですけど)

詩音、オヤシロ様に触れてしまい、オヤシロ様の首を落としてしまう。首は最初から取れやすくなっていたようだ。

神社の石段の所で、トミーと三四とは別れる。

詩音からは「今夜の事は秘密に・・・」

圭一は鳥居の前でメンバーに会うが、紗都子は居なかった。どうやらはぐれてしまったようだ。

演舞はどうだった?と聞かれ、圭一はとっさに嘘を吐いた。梨花の演舞はミスがあったのに、「完璧だった」と言ってしまう。

圭一は魅音に手を引っ張られ、鳥居前の石段を下りて行った。その途中、「詩音と会わなかったか?」と聞かれる。更に「富竹さんと鷹野さんに会わなかったか?」と聞かれる。

もちろん圭一は知らない。と嘘を吐く。

圭一、家の前で大石と会う。その場では園崎の父親はヤクザだと聞かされる。それこそ、村の往来のある場所で人を殺しても、隠ぺい出来るくらいの影響力を持っている・・・と。

大石からも「富竹さんと鷹野さんに会わなかったか?」と聞かれる。圭一は嘘を吐くが、大石にはバレていた。石段の所に居た時に見られていた。

詩音から電話が来た。

詩音からも「富竹さんと鷹野さんに会わなかったか?」と聞かれる。どうやら2人は行方不明のようだ。富竹は自転車があり、鷹野は車があるのに軽トラを奪い、神社から逃げるようにどっか行ってしまった・・・と。

 

6/20

魅音は夜中まで色々とあったのか、寝たのが3時。圭一は知らなかったが、公由村長が見つかっていないとの事。

休み時間中、梨花が圭一に話しかける。どうしたのか?と

すると、圭一は昨夜の出来事をネコに例えて、どうすれば良いか梨花に聞いた。

梨花は「そんなマヌケな例え話をしてくるとは思わなかった」と冷たい声で言う。

「何も心配しなくていい。もう全て終わっている。祟りも。この世界も」

「あの2人(富竹と鷹野)はもう既に死んでる。富竹の死体が見つかってないけど」

 

 

 

注意:「ひぐらしのなく頃に」を全て理解していない人にとっては、ネタバレ要素が多数含まれています。

 

 

ひぐらしのなく頃に業 綿騙し編3時点での考察

6/19

タカノノートには幾つか種類があるが・・・特にオーソドックスな話をしていた。

詩音がオヤシロ様に触れ、首が落ちたのには驚いたが、たったこれだけでストーリーに変化が出るかどうかは分からない。

魅音が「詩音と会わなかったか?」と聞いたのは単純に気になっていたからなのか。

「富竹さんと鷹野さんとは会わなかったか?」は、既に軽トラを奪った事を把握していたから、圭一に尋ねたからではないだろうか。

富竹と鷹野が行方不明というのが、また原作とはかけ離れたストーリーだ。

紗都子は、単純にはぐれてしまっただけなのだろうか?という考察もあったが、翌日の学校では普通に遊んでいたので、ただの迷子だと考えられる。

圭一が帰宅後、詩音から電話があった。詩音が居る場所は、間違いなく園崎本家。なぜそんな所から電話を?原作、綿流し編でも詩音はお祭りの夜は本家に居た。その点は同じだが、お祭り当日に詩音から電話をするのは綿騙し編ならでは。

 

6/20

魅音は昨夜3時に寝たようだ。早朝だけど・・・w

公由村長が見つかっていない。

原作の綿流し編と比べると、1日早い。原作、綿流し編では詩音が村長に園崎本家で打ち明けて、そのまま監禁されていたが、村長は同じ目に遭っているのだろうか。

とすると、綿流しが終わった晩に詩音が村長を呼び止めて相談をしたのか。

富竹、鷹野の行動について、御三家でも園崎と公由が集まり、情報共有などをしていたという事も考えられる。その後、詩音が相談をして、前回同様、公由を監禁した?

梨花が圭一を気に掛けて話かけていたが、発言から察するに、梨花は既に綿騙し編での世界を諦めたようなセリフを言っていた。

「全て終わっている。祟りも。この世界も」

梨花にとって詩音の暴走は、どうにも出来ないから諦めたのか。

「大人しく演舞を見ていれば良かったのに」このセリフは、他のルート分岐があったという事なのだろうか。

しかし、トミーの死体が発見されていないのが気になる。

トミーの死体はほとんどの確率で見つかる事になっている。入江に罪を被せようとするためだから。

軽トラを奪ってでも、どこかへ行く必要があった・・・ここが綿騙し編のポイントなのかと考えられる。