ひぐらしのなく頃に業・卒 考察ブログ

2020年放送開始した「ひぐらしのなく頃に」を考察

ひぐらしのなく頃に業 鬼騙し編(新考察)

再度1週間ほどかけて考察してみました。

今までの固定概念を、ぶっ壊して考えてみると新たなルートを見つけてしまったので、考察結果を書き出します。

PVカットにレナの記憶が混ざってるとしたら?

はい、これ。

全部が鬼騙し編のカケラの中でリアルに起こった・・・とは限らないですよね。

レナにも記憶の蓄積が無かった。とは言えません。

だから、雨の中のカットがレナの夢だとしたら?

レナは間宮リナを襲ってない。という事になりますね。

レナの不審な動きは?

圭一の状態が悪くて、レナが怖く見えただけ。

「頑張り物語」は?

夢と現実が混同し始めて、口から出たとか?

そんな感じですかね。

レナは通常の状態でもL3-を持ってるんで、ちょっとした事で妄想が激しくなります。

なので、夢でカタが付くかと。

紗都子は、いつ接触したか

最初はレナが保健室に行く時。

マンガ版では保健室まで紗都子が一緒に行ったと描写されてます。

その時に紗都子がレナに「一体、どうしたんですの?レナさん」とか声をかけて話を聴いたか・・・。

その後、単独で会ったタイミングは分かりませんが、その時に何かレナに吹き込んだのではないか、と考えました。

鬼騙し編のオヤシロ様の祟り

まずは富竹と鷹野。この2人が行方不明(鬼隠し)です。

なので祟りとして2人が必要。

この事はレナも分かっているはず。

レナの妄想を膨らませると・・・

もし紗都子が「オヤシロ様の祟り」について吹聴したら

L4ほどのレベルだと、レナは「自分かもしれない」と思う。

さらに紗都子が「近しい人が一緒に」なんて言ったら?

レナが「お父さんを守らなきゃ」と言う所に繋がる・・・って事です。

紗都子の思惑通りには、いかなかったのか

紗都子の思惑は「梨花に向く事」

だけどレナは嘘を吐いていた圭一。電話越しに自分の事を何か話していたのを、ふすま越しに聞いてしまった。

レナの発症レベルが高まっていたと考えられるので、幻聴も起こっていたんじゃないかと。

そしてレナの矛先は圭一に。

紗都子は仕方なく自分で手を下した

梨花が圭一の家の前でレナを励まして帰宅。

その事を紗都子に喋って・・・紗都子は梨花を自分でやろうと決めたのではないか。

梨花は死の直前の記憶が、ぶっ飛ぶからレナが圭一の家に襲撃しに行ったタイミングにした。(?)

鬼騙し編・新考察まとめ

レナが雨の中、誰かを襲ったり解体?してたり・・・は夢か?

夢だと仮定すると・・・

圭一の発症レベルも進行していた。

レナが「富竹はスパイか」という会話で笑ってなかったのは、レナの勘でタダのカメラマンとは思わなかったのか。

紗都子がレナに「オヤシロ様の祟り」について変な吹聴をした。

レナは「自分と父親が祟りに遭う」と妄想。

レナは父を守りたい、という理由で自ら祟りを執行すれば。と行動。

紗都子は、その辺も何か吹き込んだと考えられる?

実は紗都子の本命は梨花なので、圭一に行ってしまったのは誤算。

紗都子は仕方がなく、自分の手で梨花を刺した。

追伸

レナが道具を買い揃えていたのも夢だったかもしれない。

仮にリアルだとしたら、圭一の家に行く前ですかね。どちらも制服だったので。

ガムテは・・・知らんw

結局、レナは圭一を襲ったけど反撃を喰らってしまった・・・。圭一が包丁奪ってやり返したんでしょうね。多分。

ひぐらしのなく頃に卒 解禁PVロングバージョンから考察

ひぐらしのなく頃に卒 PVロングバージョンが解禁されましたね。

www.youtube.com今回は、このPVを元に考察していきます。

結構じっくり中身を見ましたが・・・・卒のPVじゃなくて、鬼騙し編のPVな感じがありますよね。

※以下の画像はPVからの引用です。

 鬼騙し編の解答編から始まるか?!

ひぐらしのなく頃に卒は鬼騙し編の解答編から始まりそうですね。

レナ視点なんだと考えられます。

では、PVカットの中でも気になった点を幾つか挙げていきます。

レナは何故、そんな所に?

f:id:knd37998:20210412153921j:plain

レナの後ろにはインターホンとポストがあります。

祟騙し編1の終盤、紗都子の玄関が映ります。配置が同じなんですよね。

なので紗都子の家の前なのかも・・・。でも一体、何のために?

もしかすると、レナの自宅前なのかもしれません。ひぐらし業でレナの家は描写されてなかったんで・・・。

レナが道具を購入

f:id:knd37998:20210407094222j:plain

f:id:knd37998:20210407094219j:plain

カゴには「縄」と「布テープ」しか映ってませんが・・・工具店っぽい場所で買い物してますね。(制服で)

ですが、圭一の家に襲撃しに行った時には縄しか映ってませんでした。

私が確認したかったのはガムテの状態だったんですが・・・

レナが、いつ購入したのかは分かりませんでしたね。

PVカットが時系列順とも限りませんし。

なので、このカットから分かる事は、実際にレナは道具を買い揃えていた事。くらいですね。

雨の中、レナは何をしていた?

f:id:knd37998:20210407094215j:plain

f:id:knd37998:20210407094211j:plain

f:id:knd37998:20210407094248j:plain

PVカットの順番は、上から順番って感じ。途中、弾を込めるカットが挟まってましたが。

糸のこを手に取ろうとしている時、手に血液が付いているので解体中なのかなーとは思います。

で、雨の中歩くレナ。雨の中、誰かに迫っているのか・・・首を絞めているのか・・・。

って感じですかね。

なので、順番的には「レナが首を絞める(?)」→「糸ノコで解体」→「どこかに埋める途中か、埋めたあと」かな、と考えられます。

(というわけで、時系列順って事は無さそうですね)

 

こうなると、やはり最低でも間宮リナの事が絡んできますね。

おそらく鉄平は組んでないでしょう。あれだけ記憶の蓄積があれば、静かに興宮に居てる可能性の方が高いかと。

(でも祟騙し編では雛見沢に帰って来てますから、微妙ですけど。その理由についてもまだ良く分かってませんし)

レナが事前に用意していたとは考えられませんし、やっちまった後で準備したんでしょうか。

動機というか原因は過剰防衛かと。

間宮リナはレナの父をATMのように扱っていて、カネを引っ張るつもりだったが・・・レナにバレて殺そうとした。でもレナに返り討ちに。

あとは隠ぺいしてしまえば、何とかなると思ったレナは遺体を隠す事に。

雛見沢に雨が降っていたのは6/14

そして翌日の朝、朝顔に水分が残っていて落ちていた事から、夜中まで降っていたと考えられる。

つまり、実行は6/14の夜中。

しかし、ここで矛盾が出る。「雨の中、レナが詰め寄っている相手は誰?」という事に。

放課後にリナと会い、問い詰めて殺害。その足で道具を買い揃えて、解体して・・・?

時間が足りない気がします。前日の夕方に、やってしまったのか・・・。

まぁ、この辺の前後や鉄平が絡んでいるかどうかは、本質的にあまり意味が無いので深くは考察しませんが・・・6/14は、かなり行動していたと考えられます。

結論、レナは誰かを殺害してバラバラにした・・・可能性が高い。

圭一の後ろ姿

f:id:knd37998:20210407094242j:plain

ちなみに、このカットの後のレナのシーンは別だと考えています。それについては、次の見出しで解説。

鬼騙し編の第2話ですね。圭一が雑誌を拾って読んでいる時、後ろからレナが近づく時のシーン。

レナは「そこに居てね。絶対に」って釘を刺してましたね。

まだ(遺体などが)片付いて無かったのでしょうか。

圭一は慌てて雑誌を隠したけど、レナのセリフからすると何を隠したのかはハッキリ分かってない。

この事で、圭一に対して不信感を抱き始めたんでしょう。

レナは何を見たのか

f:id:knd37998:20210407094239j:plain

背景を、よーく見たら分かるかと思いますが・・・森の中ですね。

考えられるシーンは2つ。

  • 綿流しのお祭りで遠目から圭一。その先の富竹・鷹野を見ていた時
  • 富竹と鷹野を襲おうとしたけど、逃げられた時

逃げられたというか、この2人は行方をくらませるんですけど。

前者は鬼騙し編において、無表情だったんで違うかなーとは思いますがゼロではない。

雨は降ってないようなので、やりあうシーンではないと思います。

レナは何に対して憤りを感じているのでしょうか・・・(おぉ、怖い怖い

誰の手?どこの部屋なのか

f:id:knd37998:20210407094246j:plain

手だけでは判断が難しいですが、包丁が血まみれで、刺そうとしてますね。

その奥の電灯がポイント。

この電灯ですが、探してみたら梨花・紗都子の家のキッチンのライトっぽいんですよね。

なので、紗都子が梨花を襲うシーンなのかな?と思いました。

f:id:knd37998:20210407094208j:plain

これも・・・誰の手なのやら。

紗都子が猫騙し編最後に拳銃を持っていたので、紗都子の手なんだと考えられます。

一体、どっから取ってきたんだか。w

f:id:knd37998:20210412154326j:plain

よーく見たら車のエアコンのような通気口が見えます。

なので鷹野の車から奪ったのかもしれませんね。

奪えるタイミングは祭りの後ですね。

レナの独り言は・・・?

f:id:knd37998:20210407094236j:plain

レナの死んだ目と、この背景。

圭一が大石と電話をしていた時のレナ側のカットかな?と思いました。

電話での圭一の会話だけでは、レナは相手が大石だとは分かりませんが、自分の事を喋っているという事は分かります。

この時の圭一のセリフは

  • レナが転校してきた事は知ってます
  • レナが?
  • なにがです?
  • っ!?
  • 何で雛見沢に来る前のレナがオヤシロ様なんて
  • レナが雛見沢の・・・

 この夜の電話の日の放課後、圭一とレナは帰り道で言い合いをしていた。

なので、更にレナは圭一の事が怪しく見えたでしょうね。

考察(改)では、2階に上がらず引き返したかも?と考察しまたが、実際に部屋の近くまで行ってた。でも、すぐ帰った。という事でしょうか。

 

まぁ、全然違うかもしれませんけど。

本当にただの独り言で、自分の部屋で鬱になってたのかもしれませんし。

レナは何を思っていたのか

f:id:knd37998:20210407094232j:plain

レナは首を掻きながら、圭一の部屋の窓を見てました。

圭一は最後の日の夜は電気を点けてなかったんで、恐らく電話の夜の日のカットではないかと。

入る前なのか、入った後なのかは分かりませんね。

多分、入った後・・・。

レナの妄想が強くなって、首が痒くなってきた。って所でしょうか。

梨花は誰を励ましたのか?

f:id:knd37998:20210407094229j:plain

梨花のセリフは入ってませんが、表情と動きから「ふぁいと、おー☆なのです」の言ったのでしょうか。

さて、この場所はどこなのか・・・。

分かりづらいですが、圭一の家の玄関前だと思います。

雛見沢に他、こんな感じの場所は無かったかと。

梨花は圭一に1度言っているし、学校で会話してたので、梨花はレナに言ったんでしょうか。

しかも道具を持って行った時のレナ・・・のような気がします。w

で、梨花は惨劇があった事を知って帰宅。梨花は紗都子に話をしてしまい、紗都子は丁度良いタイミングだと思って包丁で刺した。

紗都子ぉぉぉおおお

f:id:knd37998:20210407094226j:plain

「よく分かりましたわね。正解ですのよ・・・」

って言われたような気がする・・・あぁ・・・ヤンデレとかは趣味じゃないんで、お断りします・・・。

「わたくしの事、愛しているんじゃないんですのね・・・」

ひぃぃぃ!ごめんなさい。

PVから考えられる鬼騙し編の真相とは

  • レナは誰かを殺害した(最低でもリナ)
  • 圭一に対する不信感が強まっていた
  • レナ・圭一と梨花・紗都子の事件は別だと考えられる

梨花・紗都子の件は、まぁ簡単な話なんですけど・・・レナ圭一の時は何があったのか、分かりにくいですよね。

もちろん、あんだけ腹刺されて無事な訳がないんで。伊藤誠だって死にましたから。w

どっかで圭一の記憶がおかしくなってますよね。

レナが首を強打した直後なのか、その後1回刺された後なのか・・・微妙な所ですけど、その辺りで形勢逆転してると思います。

 

今日は、ここまで。

では、また来週。

ひぐらしのなく頃に業 鬼騙し編 考察(やり直し)

 ひぐらしのなく頃に業 鬼騙し編をざっくり

中身は、ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編と流れは似てます。

  • 圭一が親戚の葬式に出席するため都会に戻っていた
  • 雛見沢の過去を誰もハッキリ教えてくれない
  • 圭一が不信感を持ってしまう
  • 鷹野・富竹が行方不明になる
  • 圭一が風邪を引き、両親は東京へ
  • レナに食事の事を頼んでいた両親
  • レナが訪問して荷物を開けると・・・

鬼隠し編は「圭一がおかしかった」という結論でしたが、鬼騙し編はレナがおかしかった。

これが答えだと考えられますね。

レナは雛見沢症候群の強いレベルだった

レナは自分の首を掻き、攻撃的だった。

この事から最低でも雛見沢症候群L5-だという事が分かる。

兆候があったかどうかは分かりづらいですね。

圭一の雛見沢症候群レベルは

L3~L4と考えられる。でも圭一はギリギリ自分を保ってるって感じ。

強い外的要因が原因で、簡単にL5へ進行する可能性はあります。

レナと圭一の事件は

映像そのまんま・・・という事は考えられませんね。

圭一がレナに刺されてますけど、圭一が無事だったんで幻覚でしょう。

途中から圭一の記憶が曖昧になってるんで、L5-になったと考えられます。

レナの荷物は本当か?幻覚か?

状況的に言って、本当に中身はノコギリや縄だったと考えられます。

  • 家に行くのに大きな荷物は要らない
  • キッチンとリビングの間の仕切りを閉じる必要性が無い

以上の理由から、あれはガチでしょう。

レナが圭一を襲う動機とは?

レナの何かを圭一が知って、大石や梨花に晒してしまった事?

ひぐらしのなく頃に卒の先行動画には、雨に濡れて歩いているレナが映ってますよね。

鬼騙し編で1日だけ雨が降っている描写だけで、他に何もないカットがありました。

鬼騙し編6月14日

この時にレナが間宮リナを・・・・?

以前は「鉄平も」と考察しましたが、紗都子の繰り返しによってリナ単独という方が濃厚ですね。

対象が1人なら、レナにとっても好都合で、すぐ処理する事が出来たと思います。

圭一はレナのやってしまった事に気付いた。そしてゴミ山で何かを隠した。大石と話していたけど、それをボカした。

レナの不信感が、どんどん強くなって圭一を・・・?

圭一の状態から考えられる真相は

圭一の目が覚めた時、頬と額と首に処置のあとがありましたね。

おかしな点は1つ。なぜ頭・・・額に包帯が巻かれていたのか。

圭一が時計を持ってレナの頭に何度もぶつけていたシーン。あれは逆だったのかも。

首の方は、掻きむしらないようにガードをしていた。もしくはレナが机にぶつかった時、あれも逆だった。

この2通りが考えられます。

僕は前者。掻きむしらないようにガードしていた。

圭一の急性発症は

レナを突き飛ばした後、包丁で1度体を刺された時じゃないかな、と考えてます。

その後は形勢逆転。レナの包丁を奪って刺した。レナは時計を使って抵抗したけど・・・

紗都子は何をしていたか

鬼騙し編については、特に圭一・レナの事について動いてない気がします。

あえて何かした・・・とすると、梨花の首を刺したか。

梨花と紗都子の事件は

魅音の証言では「レナが、あんな事になった日の翌日、神社の2人の居住スペースで2人とも見つかった」

同じ包丁で首に何度も刺されて。

誰が行ったか

十中八九、紗都子かと。

タイミング的にレナと圭一がやりあった日の夜でしょうか。

紗都子は勘づいていて、惨劇が起こった事を把握。だけど目的は梨花を雛見沢に閉じ込める事。

なので鬼騙し編は自分で始末しようとした。

まずは梨花を。そして自分の首を刺した。と考えられる。

レナが襲った可能性は

圭一が梨花と話をしていた事に気付いていて、レナが梨花を襲った可能性はゼロではないですね。

でも首に行ってるんで返り血を浴びていて、おかしくはないです。

まぁ学校用の服で行って、圭一の家には私服で行った。という事も考えられます。

だけど、どの時点で圭一母から連絡があったのかは分かりませんね。

レナの家から圭一の家には、ほぼ一本道です。神社に寄ってから行くとなると大回りなんですよね。

可能性が低い。としか言えませんが、紗都子が梨花をヤる動機は明確なんで、別々として考えた方が簡単に話がまとまります。

「レナが時々怖い」圭一の幻覚?

鬼騙し編1のレナの「知らない」は、圭一が都会に一時的に行った事による、稀なケース。これによるL3上昇かと。

翌日の魅音「なかった」も同じですね。

レナがナタを持って来た時は

圭一は「ヤられる」と思ったんでしょうけど、これも大げさに見えてしまっただけでしょう。

もちろんナタを持ってゴミ山に行く時の「大丈夫」も同じ。

ケンタ君人形を持ち帰る時

一瞬、レナが怖く見えたけど、圭一の気のせいでしょう。

レナが家に来て、帰った理由は

ちょうど圭一が大石と電話をしている時、レナは圭一の家に行った。

圭一父が言うには、圭一の部屋の場所を教えたけど、気付いたら帰っていた。

実際にレナが2階まで行ったのかは分からない。

圭一が電話で言っていたセリフは

  • レナが転校してきた事は知ってます
  • レナが?
  • なにがです?
  • っ!?
  • 何で雛見沢に来る前のレナがオヤシロ様なんて
  • レナが雛見沢の・・・

時間的には、すぐ帰ったような感じなんですよね。

圭一を問い詰めようと思って来たけど、やめた。という感じでしょうか。

電話で自分の事を喋っていて、より圭一に不信感を抱いたのかも。

そして翌日・・・あぼーん

まとめ:鬼騙し編の真相は

  • 間宮リナが単独でレナ父に接近、計画がバレてレナによってSTOP
  • 証拠隠滅のために動いていた
  • 圭一がゴミ山で何かを隠した(レナは疑いを持つ)
  • 圭一が大石と会話していた事、レナは把握していたが嘘を吐いた
  • レナは更に圭一に対して疑いを持った
  • レナは圭一を襲ったが、逆にやられた
  • 紗都子は圭一の家の状況を確認して、梨花を刺して自分も刺した

さて、合っているんでしょうか・・・w

それでは、また来週。

ひぐらしのなく頃に卒に向けて、まとめ

 

ひぐらしのなく頃に業は先週で終わり。

解答編の卒は7月開始です。それまでの間3ヶ月使い、じっくり考察をしていきます。

 

今回は、ひぐらしのなく頃に業で分かった事を、まとめていきます。

ひぐらし業の惨劇は紗都子が黒幕?

ほぼ確定で紗都子が黒幕ですね。

理由は3つ。

  • 紗都子が繰り返す者の力を手に入れている
  • H173を奪う事が出来る
  • 梨花を雛見沢に留めたい理由がある

紗都子は繰り返す者

ひぐらしのなく頃に」で祭囃し編を乗り越えた先の世界。

どうなったかと言うと

  1. 紗都子と梨花は雛見沢でしばらく過ごす
  2. 梨花は聖ルチーアに憧れ、入学しようと考える
  3. 梨花は紗都子も一緒に着いてきてほしい
  4. 紗都子は梨花と一緒に居たくて努力する
  5. 2人共、合格する
  6. 梨花はチヤホヤされ、紗都子は勉強について行けずどん底
  7. 梨花は紗都子を全力で救わなかった
  8. 紗都子は強く「やり直したい」と願う
  9. 雛見沢に戻って来た時、祭具殿に入って繰り返す者となる

紗都子は、あんな苦しい学生生活を送るのが嫌で、やり直そうとしましたね。

まずは「梨花を説得しよう」と考えた。

でも、梨花の意志は強固。そこで紗都子は「梨花を諦めさせよう」と考えた。

再び昭和58年6月で閉じ込めてしまおう。そうすれば、梨花が折れる。

そう考えた紗都子は、人外の力を借りる事にした。

紗都子はH173を奪える

ひぐらしのなく頃に業・郷壊し編7で紗都子はH173を奪う事に成功。

タイミングは「鷹野が富竹に打とうとして、躊躇した時」

もちろん物体に関しては世界をやり直せば元に戻るが、奪えるタイミングとPWを記憶できるので、毎回可能。

ここで、鷹野の行動に原作とは違う変化があるが、次で解説。

ひぐらしのなく頃に原作」の黒幕・鷹野の変化

鷹野は紗都子の繰り返しで、作戦を決行しなくなってしまう。

なぜかというと・・・

  1. 鷹野にも記憶の蓄積が起こってしまった
  2. 記憶の蓄積は不可逆的なもので、二度と減らない
  3. 鷹野は作戦実行の末路を何度も経験してしまう
  4. 最後は拳銃で頭パーンのシナリオもあった
  5. 「そんな世界は嫌だ」と思い、作戦は中止する事に決めた

という経緯があって、ひぐらしのなく頃に業の世界では鷹野は何もしない。

H173を奪うタイミングは発生する

一応、東京からの指示や準備もあって鷹野は富竹に打つ手前まで行くけど、やめるんですよね。

これが毎回起こるかどうかは微妙ですけど、ケースから奪う事は簡単。

これで紗都子は自由にどんな人でも急性発症させる事が出来ます。

鬼騙し編・綿騙し編の鷹野たちの行動は

鷹野たちの行動は必然と言って良いでしょう。どちらも同じと考えてOK。

つまり、鷹野が富竹に打ち明けて番犬が診療所を制圧するというシナリオは固定。

鬼騙し編・綿騙し編で鷹野と富竹が行方不明になったのは、富竹が山狗や東京に気付かれないように逃げたって事。

鬼騙し編の2人の行動の結果

表向きには鷹野・富竹の行方不明なので鬼隠しに。

コレで圭一が「綿流し」の意味について勘違いしてしまう。

梨花は圭一が発症しないように注意していたが、レナが発症してしまう。

綿騙し編の2人の行動の結果

綿騙し編は更に詳しく、鷹野と富竹が軽トラを奪って逃走、行方不明に。

これは警察も把握していて、もちろん園崎家も把握。

2人が表向き行方不明になってしまったから、詩音と圭一はオヤシロ様の祟りに遭ってしまうと思い込む。

最終的には魅音が動き、詩音は井戸の中で死亡していたので何が起こったのかは現時点では分からない。

じっくり考察していきます。

まとめ:ひぐらしのなく頃に業で分かった事

紗都子は「ひぐらしのなく頃に」の鬼隠し編祭囃し編だけでなく、梨花の記憶をすべて把握している。

紗都子は性格的に勝つと決めたら、勝つ為の準備を怠らない。

勝つ為には、世界を繰り返す事(自らの死)なんか何も感じない。

紗都子はH173を奪う事が出来て、使う事に躊躇いが無い。

紗都子は梨花が持つ「雛見沢から出る」という夢をぶち壊したい。

紗都子が何度も世界を繰り返した事で、鷹野は終末作戦をやめる。叔父は暴力をしなくなる。

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編7考察

 

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編7ストーリー概要

紗都子はカケラが集まる、エウアの居る世界に。

鉄平の変化は紗都子が繰り返す事で起こってしまったが、紗都子は逆に利用させてもらおうと考えた。

しかし問題は鳥かごの鷹野。鷹野の陰謀をどうするか。

また別のカケラで鷹野は銃で自分の命が途絶えた・・・と思ったら診療所で寝ていて目が覚めた。

鷹野は野村と電話をする。

「終末作戦の準備は整っている」と野村から連絡が。

「少しでも障害があれば作戦は中止する。でも、そうなれば雛見沢症候群の研究は完全に闇に葬られる。高野一二三の研究は世迷言となる」と釘を刺された。

鷹野は電話を切り、金庫を開けた。そこにはアルバムが。

アルバムはおじいちゃんとの写真があった。中には手紙も入っていた。

 

その日は紗都子の定期健診の日。

紗都子の状態は良く「定期健診なんかいらない」と言い出す紗都子。

鷹野は「ここを辞めようかと思っている」と愚痴をこぼす・・・

6/19

綿流しのお祭りの日

奉納演舞を見ようとするが、部活メンバーはバラバラに。

紗都子は圭一を置いて先に行くが、居なくなった。紗都子は祭具殿の方に。

鷹野は富竹に手伝ってもらい、祭具殿の中に入った。紗都子は祭具殿を遠くから見ていた。

鷹野は満足して、富竹に終末作戦の事を打ち明ける。そして山狗は番犬に制圧させられる。

 

鷹野の一連の回避行動は、紗都子が繰り返した事による副作用だった。

紗都子と鷹野の関係は薄くても記憶の蓄積は起こる。

こうなると、惨劇を起こす人が居なくなってしまう・・・紗都子は自分が惨劇を起こす者になろうとする。

その為にはH173を奪わないといけない。

鷹野は富竹に打とうとしていた予防薬(と偽ってH173)を出すが、打つのをためらってケースを閉じてロックした。

紗都子はロックなんて関係ない。何度も世界を繰り返し、パスワードを解除。H173を奪った。

紗都子は、これで自由自在に惨劇を起こす事が出来る。誰かを利用する事に罪悪感はない。どうせ自分が望む梨花と一緒にいる世界は、それまでに繰り返す世界の事なんて無かった事に等しい。

勝つと決めたら絶対に勝つ。梨花と一緒に雛見沢で暮らす世界を目指す。

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編7考察

今回でかなり真相に近付けましたね。

  • 鷹野が終末作戦を止めるのは、鉄平と同じ理由(記憶の引継ぎ)
  • 紗都子はH173を奪っていた

この2点だけでもかなり分かったかと。

ひぐらしのなく頃に業1期の鷹野の動き

鬼騙し編では「行方不明」そして、診療所の解体。

綿騙し編では「車を奪って行方不明」

祟騙し編は特に描写無し。なので省いて考える。

鬼隠し編でも綿騙し編でも行方不明というのは一緒で、鷹野が富竹に作戦を打ち明けて惨劇が無くなった。という事。

これについては解決。

鷹野による終末作戦は、記憶の蓄積で鷹野自身の意志でやめる事に決めた。

紗都子は誰にH173を打ったのか

鬼騙し編は「レナ」

綿騙し編は「魅音

祟騙し編は「大石」でしょうか。

 

たまたまでしょうが、こんな事に

鬼騙し編で最後に圭一に伝えたのは「魅音

綿騙し編で最後に圭一に伝えたのは「大石」

祟騙し編で最後に圭一に伝えたのは「レナ」

鬼騙し編で梨花を殺したのは?

これについては未解決。

レナに襲わせたとも考えられるが、レナを誘導する事が出来なかったら紗都子は自分でするでしょうね。

レナが圭一の家に行く前に梨花を襲っていれば出来るかも。

一応襲う動機はある。圭一と梨花は2人きりで話をしていましたからね。

綿騙し編で梨花を殺したのは?

これは、ほぼ確で「魅音

モロバレなんで魅音と思わせておいて紗都子がやっちゃってる可能性もゼロではないかも。

まぁ、十中八九「魅音」でしょう。

綿騙し編のラストは?

紗都子が魅音の家に突撃した理由を考えると分かる事。

紗都子は梨花の死を確認しないといけないので、魅音に聞きに行った。

梨花の死を確認してから紗都子は持っていた銃で繰り返しをした。

それを目の前で見た魅音が首をかいて出血多量。という筋書きでしょうか。

祟騙し編の裏側は?

鉄平が変化した事を利用させてもらう。と言っていた紗都子。

紗都子は鉄平に虐待されている風に装ったか?

誰が鉄平を襲うのか、それとも児童相談所に行くか。それは賭けだったのか。

どちらにせよ紗都子自身の命には影響はないし、紗都子の手にはH173があるので誰を利用するのかは状況によりますね。

誰かが襲ったのなら、そいつに吹き込んで梨花も襲わせればいい。

児相ルートなら誰か適当に選べば良いだけですからね。鉄平を利用する事も考えられたのかも。

紗都子は大石を選んだ。恐らく児相職員と一緒に来た時にでも何かやったんじゃないかと。

猫騙し編2の紗都子の行動は?

紗都子は赤坂・茜・公由・圭一にH173を投与。雛見沢のある事ない事を吹き込んだ。

という事でしょう。

紗都子は梨花が経験した100年のカケラを全て把握しているので、鷹野が適当抜かしてる話も、もちろん把握している。

こいつをネタに薬と一緒に使い、梨花を惨劇の輪廻に叩き落とした。

猫騙し編3の紗都子

ちょっとこれは紗都子、やりすぎな気がしますね。自ら手を下すとは。

まぁ、カモフラージュのつもりなんでしょうけど。

薬や道具を持っているのは、診療所の中に入れるから。

何度も簡単に繰り返しが出来る紗都子は、入江診療所の奥に入る事なんて簡単な事。

猫騙し編よりあとで分かった事ですけど、悟史が隔離されてる部屋の前まで言ってますからね。道具や薬を手に入れる事は簡単なんでしょう。

同じような理由で自動小銃を手に入れる事も可能かと思います。

梨花の心をへし折り、雛見沢から出ない気にさせるために、仕上げの1発でしょうか。(汗

次回、ひぐらしのなく頃に

やっぱ2クールでは終わらなかった・・・

でもこのワクワク感がまだ半年後まで続きますね。

ひぐらしのなく頃に卒は、解答編ですね。

まさかの4クール・・・?原作版は4クール使いましたからねぇ。ともかく楽しみです。

また後日、ここまで観てからの再考察を記事にしてまとめますね。

それではまた。

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編6考察

 

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編6ストーリー概要

昭和58年6月12日

魅音主催、興宮のダビンチで部活をする。

紗都子は既に繰り返し者のため、どこに席が割り振られて、何のゲームをするのか分かっている。なので、つまらなさそうな顔をする。

圭一は紗都子の顔を見て、不思議に思う。そして「梨花みたいな事を言うんだな」

梨花より面白い事をする」

そういった紗都子は神経衰弱で繰り返しを始め、完封勝利する。

 

再びカケラの外に出る紗都子。

女は「猫(梨花)より面白い」と嬉しそうだ。

紗都子は梨花とは考え方が全然違う。

梨花は奇跡。偶然をひたすら待つ。だけど紗都子は自分で良いように引き寄せるよう行動する性格。

 

ところで、あなたの名前は何?と紗都子は女に聞いたが、名前は無いそうだ。

紗都子が悩んでいると、「じゃぁ“エウア”」でいいと言う。

 

他のカケラの記憶を一部引き継いでいる人が居るのは何故なのか

それは、「エウア」の力による影響。近しい者であればあるほど、記憶を引き継ぎやすい。親族であれば尚更だ。

 

そして鉄平目線に。

興宮の鉄平が住んでいる部屋に警察が入ると、病気で亡くなっていた・・・と思ったら夢だった。

裏の連中の男にタコ殴りされる・・・と思ったら夢だった。

夢見の悪い鉄平は薬(頓服薬)を飲む。

鉄平は特に他にやる事がないのでパチンコ屋に行く。すぐ近くの客が娘を抱えながら打っていて、少し子供がはしゃいでいた。

鉄平は特に気にする事は無かったが、その見た目からなのか勘違いされる。

景品を色々と交換したが、まだ少し残っていたのでその分で甘い菓子を1つもらった。

鉄平はバイクで雛見沢に戻り、家の様子を見た。誰も住んでいないのでうす汚れていた。村を歩いていると、紗都子と会う。

紗都子は驚き、持っていたスーパーの袋を落とす。鉄平は落ちた袋を拾ってあげた。

そして景品の洋菓子を紗都子に渡した。

紗都子は夜、梨花が寝た後で鉄平から貰った洋菓子を手に持って1階にいた。

 

紗都子が自転車に乗っていると、前からチンピラ5人が道いっぱいに広がって居た。邪魔なのでベルを鳴らすと、因縁つけてきやがった。

鉄平はその間に入って殴るが、数に勝てずやり返される。

警察がやってきて、興宮署に連行。

紗都子などの証言で鉄平は特におとがめ無し。警察署から出た後、紗都子と一緒に興宮の街を歩く。

鉄平は紗都子と一緒に居たいが、今までの事があるので鉄平は簡単に許してもらえるわけがないと思ってた。

紗都子も鉄平の暴力を受けていた時を思い出して、拒絶する。

結局2人はその場で別れる。

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編6考察

鉄平ーー!!丸くなってるーーー!!!

という驚きと・・・これで何を回収しているんだ!?っていう謎。

「おいおい、これで無事に完結するのか」という不安です。もう1クールやるなんて聞いてませんよ?

郷壊し編とは?

郷壊し編が始まる時から「紗都子+ワシ」→「郷壊し」って言ってた人が居ましたが、郷壊し編6でその回収が出来たんでしょうか?w

なんか違う気がしますけど・・・

フェザリーヌ的な人は、名前が無い

紗都子が「あうあう」言ってるからって「エウア」は無いでしょうに。

ここに何か隠されてるような気がしますが、ちょっと分かんないですね。

梨花と紗都子の違い

羽入とエウアの力の差は置いといて、考え方の違いですね。

梨花は偶然や奇跡を待ち、紗都子は最初から自分の良い方向に導こうとする。この行動力が決定的に違いますね。

これが本編でも出ていたんだと考えられます。

自分の願いのために、裏で結構動いていたんじゃないかと思わせますね。

繰り返さない者の記憶の継承は

梨花は奇跡だ。と言っていたが、実はエウアによる力の影響。

当人の近しい者には露骨に現れやすいとの事。だからこそ、鉄平には記憶の一部が夢という形で認識されている。

結果的に鉄平は素直になってきたんでしょうね。ツンデレですが。

祟騙し編の紗都子について

梨花と紗都子は一緒に住んでいるだけあって、近しいっちゃ近しいんですよね。

なので紗都子の動きは演技の可能性が高まった。

梨花を騙すために。

また、鉄平と一緒に住んだのは郷壊し編6からの続きのカケラで何かあったから、今度は・・・と考えられますね。

鉄平の心境は?

紗都子と警察署から帰る時のシーンより

「一体、どうしてしまったんですの?私の知ってる叔父様は、こんな人ではありませんでしたわ」

「そやろな。ワシもこんな人間なはず、ないねな」

「なにか、あったんですの?」

「最近、夢見が悪くてな。自分のロクでもない人生を何度も何度も見せられるんね。不摂生でたたって体を悪くしてな、このままだと孤独に死んでいくだけなんね。そう思ったら・・・」

「それって体よく無料で看病してくれる人が欲しくなっただけではありませんの?」

「そうかもしれん」

「虫が良すぎますわね」

「分かっとるね・・・さんざんヒドい事してきたワシが最後だけ家族に看取られたいなんて・・・そんな事。今までの行いに見合うよう苦しんで苦しんで、出来ればもう誰にも迷惑をかけずに死ぬつもりなんで。でも、もし紗都子がええって言うてくれたなら、ワシと・・・ワシと・・・たまにでもええんね。一緒に飯でも食ってくれんか」

「それこそ、虫が良すぎますわよ」

「悪い連中との付き合いをキッパリと止める。紗都子を二度と叩いたりせん。約束する。だから、許してくれなんて言わんが、せめて仲直りしてくれんか?」

鉄平は握手を求めるように手を出し、紗都子が答えようとしたら紗都子は鉄平に殴られた時の事を思い出し、嫌がる。

「すまんのぅ。今までの事が握手1つでチャラなんて、ワシも調子に乗りすぎやねんな。じゃぁまたな紗都子。また会ったら今日みたいにお喋りしたいねな」

去って行く鉄平。その背中を見る紗都子。

エウアの力で何度も最悪のシナリオを見てしまう鉄平は、さすがに精神的に参ってしまったんでしょうか。

死ぬのはイヤ・・・死ぬのはイヤ・・・(アスカじゃないですよ)

ウワサで悟史がいない事は知っていたんで、紗都子しかいない事は分かってるから、紗都子しか頼れる人が居ないんですよね。

祟騙し編はこの郷壊し編を経た鉄平・紗都子だとしたら、紗都子は鉄平の状態や心境を分かった上で同居してたんでしょうね。

祟騙し編で圭一を殴ったのは大石?

これは確かに体格が違うなーと思ったんですけど、この後圭一目線ではぶん殴ってるんですよね。

しかも紗都子は「おじさま!?」と言ってる・・・まぁ「おじさま」だけでは判断できませんけど。

大石ならば猫騙し編でへしゃげたバットを持っていた理由も分かります。

圭一がやり返して、その時の血が紗都子にかかっていたんですけど、猫騙し編では血が付いて無かったんで恐らく殴り返すシーンは圭一による妄想なのかと考えられます。

大石を執行者として選んだのは、梨花を混乱させる目的で。

紗都子がナゼ境内に行ったのかは、梨花が死んだことを確認する為ですね。

問題は紗都子のトリックですね。どうやって急性発症させたのか。梨花に対しては手術用メスや痛み止めまで用意していた。入江機関とどう話をつけているのか。

郷壊し編7はどうなる?

祟騙し編の解答編になるのかな、と予想。

そして次々回で終わり・・・?なのでしょうか。ひぐらしは消化不良を起こすイメージが無いので、あと2話でどうやって綺麗に完結させるのか、楽しみですね。

それでは、また来週。

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編5考察

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編5ストーリー概要

紗都子がシャンデリアを落としたシーンから再開。

紗都子はフェザリーヌの世界に飛ばされ、次に気付いた時は興宮の本屋。

梨花は紗都子と一緒にルチーアに行こうと誘うが、紗都子は冷たく断る。

勉強がキライだ。入学後について行ける訳が無い。梨花は友達に囲まれて、ほったらかしにするはず。と言うが、梨花はまた「信じて。一人にしない」と言う・・・紗都子は「嘘だ!」と声を荒げる。梨花は不器用で、竹馬も一輪車も簡単には出来なかった。紗都子はホイホイ乗れていた。その姿を見て顔をしかめていた事も覚えている。それと同じで出来ないものは出来ない。「ルチーアか私か選べ!」と迫ると、梨花は両方掴むと。

紗都子は諦めガードレールに乗り、走ってきたトラックの前に身を投げる。

昭和59年6月

朝、紗都子は梨花を誘い、村が見える高台に。

こんなキレイな雛見沢を出るなんて、勿体ない・・・だから一緒にここに居よう。と言うが、梨花は「僕の夢を聞いて欲しい」

紗都子は梨花に対して「愚かな罰当たり者」と罵り、紗都子は持っていた包丁で自分の首を切った。

次は教室で。

梨花が赤本を開き勉強している時に邪魔をする。梨花は頑固に紗都子を突き放す。

紗都子は話にならん・・・と思い、鉛筆を持って自分の首に刺した。

次は水車小屋の前で。

梨花と紗都子が言い争いになり、2人共用水路に落ちて・・・

紗都子はフェザリーヌが居座る世界にまた戻る。

なかなか折れない梨花はせいぜい数年繰り返してきたのかと思ったら、フェザリーヌから告げられた年数は100年。100年も閉じ込められていた。だからこそ、あんなに頑なに雛見沢を出たいと思っている。

紗都子はどんなカケラだったのか、少しだけ見せられる。鬼隠し編を。

こんな惨劇があったのか、と驚くが紗都子は梨花を留めたい一心である決断をする。

梨花が体験してきた100年分のカケラを全て見せろ、と。

そして紗都子は梨花のカケラを見る。鬼隠し編祟殺し編を。そして鷹野が富竹を監禁するシーン。梨花が鷹野にたどり着くが、まだ動機が分からない時。

紗都子は最後に診療所の地下に入り、悟史の病室の前で「お別れを言いに来ました。さよなら・・・にーにー」

100年分のカケラを見た紗都子は、梨花に及ぶ惨劇のルールを把握した。

紗都子はフェザリーヌに梨花の記憶が引継がれるようにしてもらった。

それでも梨花は死ぬ間際の記憶は消えてしまうので、その点を利用して梨花の心を折ってしまおうと考える。

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編5考察

猫騙し編の猫とは、やはり梨花の事だったんでしょうね。

まぁそれは置いといて、紗都子は100年分のカケラを見てきたからこそ、ひぐらし業1期で不可解な動きをしていたんでしょうね。

鬼騙し編の紗都子は?

鬼騙し編では家で梨花と紗都子が死んでましたが、あれはレナによるものかなと思ってました。

しかし、ここまで見ると丁度良いタイミングで紗都子が梨花を刺して自分も死んだ。

これが真相ではないか、と考察出来ますね。

綿騙し編の紗都子は

綿騙し編は園崎家に乗り込んで魅音と廊下で死亡。

魅音がクロだと思った紗都子は、梨花をどうしたのか問い詰めて、死んだ事を知ったから自分も死んだ。という事も十分考えられますね。

ただ、魅音が死んでいた理由は自殺した紗都子を見て、パニックになって首を掻きむしって死んだか・・・。

祟騙し編の紗都子

全てのカケラを見てきたので、叔父が帰って来ても上手くあしらったんでしょう。

虐待なんてあるはずもないのに、周りが勝手に騒いでいたのは想定内か?

どういう計画で進め、大石にH173を盛って梨花を襲わせたのか。この辺がちょっと複雑ですね。

なんせ紗都子はトラップの名手。鷹野の弱点にいち早く気付く頭脳を持っているので、上手く登場人物の心理状況を読んで誘導していたのかなーと考えられます。

多分、今後明かされるであろう解答編で分かるかと。

(それにしても、勉強はキライってのはまぁ極端ですね。俺も同じですけどw)

猫騙し編の紗都子

赤坂・茜・公由は紗都子がそそのかした・・・と考えられますね。

もちろん圭一もそうでしょう。

圭一の場合は紗都子だけが倒れているフリをしていたように見えてましたが、あれは本当に倒れているフリだったと考えられますね。

今回の郷壊し編5で「梨花が先に死んで紗都子が後に死ねば同じカケラに行ける」という状態なんで、梨花が先に死んでもらわないと困る。

鷹野が陰謀に加担しなかった理由とは

これも恐らく紗都子が上手くやったんじゃないかと考えられる。

夢まで操作出来るとは思わないんで、紗都子が上手い事誘導したんじゃねぇかなって感じ。

鷹野の陰謀の発動は梨花にとっては必然の事なので、梨花を惑わす事も出来るし、なぜ自分が死ぬのかより分からなくなる。

記憶をほぼ引き継いでも死ぬ間際の事は欠損してしまうので、この点において紗都子は絶対的なアドバンテージを持っていますからね。

梨花をまた閉じ込めるには言い目くらましなのかと。

羽入が与えた力はフェザリーヌからの力?

猫騙し編1で記憶が引き継げるようにしたのは、どういうレベルかは分からないが記憶の引継ぎが可能になった。

フェザリーヌの力によるものなのか?

それにしてはタイミングがズレ込んでるような気もしますが・・・

考察まとめ

本編での怪死は紗都子が絡んでいる事がほぼ確定。

鬼騙し編の梨花・紗都子の死亡はレナとは別件である可能性も十分考えられますね。

綿騙し編はハッキリと分かりませんが魅音か紗都子の仕業ですかね。

見た感じでは魅音。そして紗都子は魅音に聞きに行って・・・・。

祟騙し編は、本編の真相に最も近付きそうな話で、紗都子が誰かをそそのかして梨花を殺す。という流れを見せた。

そして猫騙し編で様々な人をそそのかした。

猫騙し編6は?

今度こそ解答編でしょう!

最大であと3話でしょうか。2話~3話あれば解答編。そして梨花鬼狩柳桜を使って、ハッピーエンド・・・までいけるでしょうか。

早く続きが観たいですね。

 

それでは、また来週。