ひぐらしのなく頃に業考察ブログ

2020年放送開始した、ひぐらしのなく頃に を考察

ひぐらしのなく頃に業 綿騙し編4

ひぐらしのなく頃に業 綿騙し編4ストーリー概要

6/20 梨花との会話から続き・・・

圭一、先生と会話「村長はまだ見つかっていない」とのこと

午後の授業が始まったが、梨花が居ない。紗都子の表情が圭一に疑いをかけているようだった。

紗都子はもちろん、梨花と圭一が会話していたのを見ていたので、圭一は何か知ってるんじゃないか?と言うような言い方。

魅音は、「そういえば誰かを話をしていた。顔は見なかったけど、作業着を着ていた」

そして全員で探す事に。

圭一は魅音と一緒に探し、圭一は外のトイレにカギがかかっている事に気付く。魅音は呼び止めて屋根の上へ昇らせる。

魅音は・・・「終わらせないといけない。梨花オヤシロ様の祟りを権威にしてきた、御三家の頭首。あの子が元凶なんだ。あの子が殺そうとしているに違いない」と言う。

学校帰り、圭一は「俺のせいだ」と嘆く。

しかし作業員の姿を見て、口をつぐんだ。その恰好は、作業着でも電気系統の作業員か?

その時の魅音の表情は暗かった。

圭一に電話が掛かってきた。魅音のようだ。水車小屋まで来て欲しい。との事。

魅音に連れられて、園崎本家に向かう。水車小屋の遠くに止まっていた車からのカット・・・

魅音はお茶を入れてくると言い、着物に着替えてお茶を入れてきた。

圭一は魅音に祭具殿に入った事を謝った。

すると魅音は「圭ちゃんの味方だから・・・圭ちゃんを信じる」

魅音曰く、オヤシロ様の祟りは最初はただの偶然。だけど、オヤシロ様の祟りを利用して人を・・・村の仇敵を殺しているのではないか、という考えに至った。

魅音は圭一を地下に案内する。

何を見せる訳でも無く、圭一を一番奥のシェルター部分に閉じ込める。

魅音は、オヤシロ様の祟りの正体を暴こうとするが、圭一を安全な所に置いておきたかったようだ。

そしてもし、自分(魅音)以外の誰かが来たら、魅音に監禁されたと言えば、丸く収まるよ・・・と自分を犠牲にしてでも圭一を守ろうとした。

魅音は、オヤシロ様の祟りをもうコントロールする事が出来ない程だ・・・御三家の頭首代行として終わらせないといけない・・・と決意し、来客に対面するために拳銃を持って行く。

圭一は止めようと自力で牢屋から脱出した。するとモニターには作業着の男たちが。

しかし、その先の頑丈な扉を開ける事は出来ず、圭一は意識を失った。

 

6/?

圭一は退院し、オモチャ屋で人形を見かけて「魅音」とつぶやく。

大石が圭一を見つけ、公園で話をする事に。

どうやら、園崎家の近くにたまたま居た警察官が、銃声を聞いて突入した。

遺体が幾つも見つかった。

シェルターの奥、井戸の底からは園崎お、公由村長、園崎詩音が見つかった。

学校の便槽からは梨花。園崎本家の廊下には、紗都子と魅音

一体誰の仕業だったのだろうか・・・