ひぐらしのなく頃に業考察ブログ

2020年放送開始した、ひぐらしのなく頃に を考察

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編3考察

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編3ストーリー概要

昭和62年6月

梨花が登校すると「梨花様」と言われているw

相変わらず「ごきげんよう」という皆だが、紗都子だけ「おはよう梨花」と声を掛ける。

紗都子は「梨花らしくない!」と言うが、梨花は「あなたもいい加減ルチーアにふさわしい立ち振る舞いをした方が良い」と言い返される。

紗都子、夜に寮で勉強?しているかと思ったら、学園に忍び込む。

トラップを仕掛けた。

翌朝、梨花が登校してきたタイミングでトラップを発動。たらいを落とすと、梨花の取り巻きの頭にヒットしてしまう。女子生徒は血を流してしまう。

梨花は付き添い、保健室で「心当たりはあるのか」という質問に対して何も言わなかった。

しかし、取り巻きの1人が先生に言ってしまう。

すぐ紗都子は教室から連れ出されて、牢屋に。

紗都子は牢屋で悔いた。なぜ本屋の時に梨花の事を否定しなかったのか。拒否しなかったのか。

しばらくした後、紗都子は外に出される。

紗都子は2年から特別クラスに編入する事に。

そして魅音から紗都子に手紙が届く。

「雛見沢に集まれ」

雛見沢に集まって部活をする事に。

部活は盛り上がり、紗都子も元の元気を取り戻した。

部活後に興宮に行こうとしたが、紗都子は雛見沢を散歩したいと言って残る。

紗都子の実家はもう草が生えてボロに。

分校は取り壊しになる。

神社に行くと、住んでいた建物は倒壊していた。昨年の大雪で崩れてしまったらしい。

そして祭具殿前に行くと、中から音がして誘われる。

紗都子がオヤシロ様に触れると、中から角が出てきた。紗都子が角に触れると、カケラの世界に飛ばされた。

ひぐらしのなく頃に業 郷壊し編3考察

ざっと観た感想ですが、紗都子はやっぱ色々と後悔やら何やらあるみたいですね。

そして梨花とのすれ違い。

梨花は身体の年齢こそ成長してないけれど、精神年齢半端ないからすれ違うんですかね。

学園玄関ホールでの会話

「ねぇ梨花。いい加減猫を被るのは、お止めなさいませ。こんなのはちっとも梨花らしくありませんわ。わたくしは一緒に進学したいという、あなたの願いを叶えたくて、あんなに一生懸命頑張ったんですのよ」

「それは・・・紗都子やめて」

「それこそ、頭がどうにかなっちゃうくらい勉強したんですのよ。梨花の夢を、あたくしが叶えてさしあげたというのに」

「黙って。ここは雛見沢分校じゃないの。あなたもいい加減に聖ルチーア学園にふさわしい立ち振る舞いをした方が良いわ」

「入学式の理事長みたいなことを言いますのね」

「あなたのために言ってるのよ」

「もういいですわ」

紗都子はまだちょっと幼い感がありますよね。

梨花は取り巻きが紗都子の事を悪く言った事に対して「悪く言うのはやめて。彼女には何度も救われた。紗都子は私より何でも上手くやれる。ちょっと意地を張ってるだけ」と言った。

その流れで「紗都子のトラップ使い」まで喋ってしまう。

まぁ、これを喋らなくても防犯カメラで紗都子が犯人だと分かってしまうんですけどね。

トラップを仕掛ける紗都子

紗都子は学園に忍び込みトラップを仕掛けようとする。

「分かっていますわ梨花。ずっと田舎暮らしだったんですもの。洒落た空気にあてられて、少しおかしくなってしまっただけなんですのよね。部活の皆と一緒に全力で悪ふざけをして、笑いあった楽しかった雛見沢の日々を思い出せば、きっとすぐに元の梨花に戻りますわ」

この部分が、紗都子が発端で引き起こす「ひぐらしのなく頃に業」の世界の根幹なのかな?と感じさせられますね。

まさかの牢屋

ルチーア学園に牢屋まであるとはwww

まさに人権無視 さすが昭和っすね

紗都子は牢屋に入れられて「なぜあの時否定しなかった・・・拒否しなかったのか。やり直させて。もう一度やり直させて。あの時に戻して!」と悲痛に叫んだ。

だけど、何も力を持たない紗都子には、どうする事も出来ない。

この思いをオヤシロ様に伝えたんでしょうかね?(次回、郷壊し編4で)

紗都子が元気になる

雛見沢に1日だけ戻った紗都子。

魅音が運転する車に乗って雛見沢に戻ってる最中、梨花が元の口調に戻った。

「とても楽しみなのですよー。にぱー☆」

この口調になった時、紗都子は「はっ」としていた。

紗都子はあんな猫を被った梨花なんて見たくなかったんでしょうね。

何も雛見沢に戻りたい訳じゃ無い。皆と一緒に・・・梨花と一緒に、部活とかして楽しい時間を過ごしたいんでしょうね。

祭具殿に導かれた紗都子

紗都子は何故、祭具殿のオヤシロ様に導かれたのか。

基本的に神社の本当の管理者は今居ないんですよね。それが要因だったのか、それとも強い願いを持った紗都子が近くを通ったから導いたのか。

どうやら昔に祭具殿に忍び込んだ事はあったようだ。

でもオヤシロ様を壊してしまったかどうか、は不明でしたね。

オヤシロ様に触れると、ヒビが入って中から「角」が出てくる。オヤシロ様の角なんでしょうね。

角に触れた紗都子は、並行世界の外側に連れてこられた。そこにはフェザリーヌが

ひぐらしのなく頃に業OPのサブリミナルが1つ解決

OPの終盤に色々と並ぶ間に、今までまだ出てなかったのは日本人形や祭具ですけど、祭具がここで出ましたね。

フェザリーヌの持っていた祭具ですね、これは。

俺はフェザリーヌ知らんのですけどwww

特に真新しい情報は無いものの、動機は明確に

  • 紗都子が桜花と接触した事による、力の分け与え
  • 紗都子はやり直したいと強く願っている

この2点がひぐらしのなく頃に業の世界を作ったんだと考えられますね。

次回、郷壊し編4

次で郷壊し編4は終わりになるかと思います。

そして雛見沢に居た時代に戻るのかなと予想。

紗都子がオヤシロ様に触れて与えられた「生まれ変わり」の力、そして梨花をまたあの時代に封じ込める何かしらの切欠。

この辺りが描かれるんだろうと考えられます。

・・・まーたアニメ版は黒い帯とか出るんかなぁwww

梨花をコロさないと逆戻りさせられませんからね。

それでは、また来週