ひぐらしのなく頃に業考察ブログ

2020年放送開始した、ひぐらしのなく頃に を考察

ひぐらしのなく頃に業 猫騙し編2考察

ひぐらしのなく頃に業 猫騙し編2ストーリー概要

6/13

学校にて、圭一に祭りで行われる叩き売りオークションの司会をお願いする魅音たち。

圭一は了承。

興宮のオモチャ屋に行き、商品を物色する。

麻雀を見つけ、紗都子が燕返しに挑戦するが失敗。

メンバーも卓についてやってみるも、出来ない。そこに大石がやってくる。

大石が圭一たちに燕返しを教える。

今度は赤坂が来る。

赤坂は妻の雪江と金沢の温泉地に行くついでに寄った。

過去に梨花から「早く東京に帰らないと良くない事が起こる」と言われて、すぐ東京に戻った。その日、雪江が行く屋上の階段で滑落事故があった。赤坂が戻らなかったら、雪江が足を滑らせていただろう。その恩がある。

梨花は赤坂を呼び止めた。

雛見沢に居てほしい・・・と懇願する。

赤坂が雛見沢症候群を発症する。

梨花・紗都子の住んでいる家で包丁を梨花に刺す。→次のカケラに

6/15

園崎茜が発症。本家で刀を振るう。→次のカケラに

6/21

公由が発症。梨花を縛り、沼に沈める。→次のカケラに

6/13

圭一が発症。エンジェルモートに立てこもり、その場に居る人たちをバットで殴る。

部活メンバーも居て、梨花とレナ以外はもう動いてない。

レナもやられ、梨花に詰め寄る圭一。ウジ虫病の特効薬はどこだ!?と聞く

梨花は頭を指し、割って脳ミソをすすれば良い・・・と伝え、次のカケラに行こうとする。

~~~~~~

梨花は元の世界に戻りたい

聖ルチーアの寮に

ひぐらしのなく頃に業 猫騙し編2の考察

赤坂がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったら、温泉地に行くついで・・・。

でも、梨花が引き止めたらOKしてくれたぞやったー!

って思ったら、まさかの赤坂発症。

そして、次々と惨劇が繰り返される。

猫騙し編2で一気に梨花が自分で決めた「残り5回」は「あと1回」に。

猫騙し編2で起こった惨劇の共通点はつ。

  • 誰かが雛見沢症候群を発症する
  • 梨花が必ず死ぬ
  • 口々に言っている話は、鷹野のノートに書かれていたような話

赤坂は「寄生虫

茜は「鬼の血」

公由は「沼から瘴気が出る」

圭一は「ウジ虫病」

ひぐらしのなく頃に罪滅し編で分かる事だが、鷹野は雛見沢の風土病をアレコレ書いたノートが何種類か持っている。

「人食い鬼の血が流れている話」は目明し編で詩音に渡されたもの。

「うじ湧き病・雛見沢の村人の脳には寄生虫が居る」は罪滅し編でレナに渡されたもの。

なので、猫騙し編2で起こった惨劇に関しては鷹野が仕組んだと考えるのが自然ではある。

しかし、ひぐらしのなく頃に業で起こった事全てが鷹野だというのは早計な気がする。

ただ・・・鷹野濃厚とは言えますね。

赤坂の話

体の中に入り込んだ寄生虫に「出ていけ」と言ってる。

「もうすぐで人間の脳内に入り込んだ寄生虫を根絶やしに出来るんだ。もう少しだからね。君を助けにきた」

「お前ら虫の弱点は分かってるんだ。一匹残らず燃やし尽くしてやる」

「先に死ぬのは私達か、お前達か勝負だ」

茜の話

 「恨むんなら、私じゃなくこの雛見沢を恨むんだよ」

「この地は残しちゃいけないんだよ。途絶えなきゃいけないのさ。この鬼の血はね」

「古手家に生まれただけで本当にお気の毒。オバさんだって選べるなら雛見沢なんかに生まれたくなかった」

「雛見沢の血を根絶やしにしたら、私もすぐに行く」

公由の話

「このままじゃオヤシロ様のたたりに飲み込まれてしまう。もう他に方法は無い」

「もう穢れの無い梨花を鬼隠しにして沼に沈めるしか」

「他にオヤシロ様の怒りを鎮める方法はない」

「生贄は生きたまま捧げるから意味がある」

「あいつらは何も分かってない。このままじゃ、村は沼から湧く地獄の瘴気に飲み込まれて大変な事になってしまう」

「だから、****村を救うために、誰かが手を汚さないといけない」

「園崎家がやらないなら、公由家でやるしかない。腰抜けどもが・・・」

「古手家の女は皆オヤシロ様のお怒りがある時に生贄にされるために育てられている」

梨花も先祖代々の役目を果たせて本望だろう」

おりょうさんは全くダメ。魅音も村の責任を何も理解していない」

圭一の話

梨花「私には安息の時も場所も、どこにもないのね。どうして私だけがこんな目に遭わなくちゃならないの?永遠にこんな目に遭い続ける。私がそれほどどんな罪を犯したっていうのよ」

「さぁ梨花ちゃん。話してもらうぜ。ウジ虫病の特効薬はどこにあるんだ?」

「この喉の奥からボロボロ湧いて来るウジ虫は、どうやったら治るんだよ」

猫騙し編2で言っていた事について

原作で分かってるように、雛見沢症候群そのものはあるけれど、こんなメチャクチャな話ではない。

誰かに吹き込まれた。と考えるのが自然ですね。

その「誰か」とは鷹野なのか・・・別の人間か。

紗都子の気になった点

赤坂が梨花を襲った時、紗都子は「無事なら返事をしてくださいませ」と言っていた。

これはまぁ、変ではないが普通だとも言いづらい。妙に引っ掛かる感じはしますよね。

ガソリン引火による爆発後のワンカットで、紗都子の後ろ姿が描かれていた理由とは?

紗都子はひぐらしのなく頃に業1期では、3編とも死んでいる。

黒幕にしちゃ、ミスってるんですよね。

圭一の時は、体や服に血が付いているだけで、やられてるようには見えませんでしたよね。

圭一はバットを持っていて、バットがボロボロになるまで使ってるんで、紗都子だけ違う方法で殺害する理由は・・・特に無いですね。

紗都子は倒れているフリをしていた。と考えられる。

紗都子は薬を持っているが・・・

紗都子はC120を打ち続けている。

これは雛見沢症候群を抑える薬だけど、健常者に使うと体調不良を引き起こす。

しかし、他の誰かを唆すような話を持っていない。

鷹野と協力でもしたか?でもなんで?「梨花を助けるためだ」と言って騙したのか?

ひぐらしのなく頃に業 猫騙し編2で分かった事

  • OPのサブリミナルに挟まっていた建物は、聖ルチーア学園の寮
  • 黒幕は鷹野の可能性が高くなった(かもしれない)

ひぐらしのなく頃に業 猫騙し編3はどうなる?

梨花が「あと5回」と決めた巻き戻りは1回となってしまった。

そして猫騙し編3に突入。

猫騙し編3から物語の本質に迫る事が出来るのではないか!?ともう既にワクワクしています。

それじゃぁの。